ホーム > 協議会概要・組織

協議会概要・組織

大丸有駐車協議会 設立の経緯

2002年(平成14年)に「東京都駐車場条例」が改正され、地域の交通特性に対応した駐車施設の附置義務基準の緩和を認める「地域ルール」の策定が可能となったことを受け、2004年に千代田区は「駐車場整備計画に係る地域ルール策定に関する要綱」を策定しました。

一方で、大手町・丸の内・有楽町地区(以下「大丸有地区」)においては、高度に発達した鉄道等の公共交通網に支えられ、地区の発生集中交通量のうち自動車利用率が極めて低いことから、建物駐車場の利用状況についても、附置義務駐車スペースに多くの空きが生じていました。

このような地域の交通特性と駐車需要実態等を背景に、今後も大規模な開発が進展していく中で、的確な需要予測に基づく駐車場整備が必要とされることから、大丸有地区では、2004年2月に学識経験者、千代田区、東京都、警視庁、地元代表者等で構成する「大丸有地区地域ルール策定協議会」(以下「策定協議会」)を設立しルールの内容についての検討を開始し、8月に区に向けルール案を建議し、9月に千代田区より「附置義務駐車場特例に関する地域ルールの策定」が告示されました。

地域ルールの策定段階において組織された策定協議会は、地域ルールに係る諸事項の検討、申請案件に対する審査および千代田区長への地域ルール運用状況報告などを業務内容としています。このため、大丸有地区全体に係る諸々の駐車対策や駐車環境整備を一体として取り組むことを目的に、地域ルールの運営組織として別に「大丸有地区駐車環境対策協議会」(以下「駐車協議会」)を設置し、駐車環境全般に係る業務を両協議会が連携して推進する体制をとっています。

駐車協議会設立趣意

駐車協議会は、適切な附置義務駐車場整備と、路上駐車の排除、路外駐車場への誘導などを行い、交通の円滑化と安全性の確保を図ることにより、大手町・丸の内・有楽町地区に相応しい交通環境を実現することを目的として設置する。

地域ルールに係る協議会組織

地域ルールに係る協議会組織

拡大画像

お問合わせ

100-8133 東京都千代田区大手町1丁目6-1 大手町ビルヂング
大手町・丸の内・有楽町地区駐車環境対策協議会事務局
Tel  :03-3287-7731
Fax  :03-3287-7733
E-mail:E-mail

ページトップへ